うつ状態になり凹む

うつ状態になり凹む

更年期の女性は心地が沈み傾向

更年期障害に悩む女性は、精神的に不安定な様態にあります。

 

  • 明確な理由もないのに、昼前、布団から抜け出すことが出来なくなって仕舞う
  • 想いが晴れず、何をしても落ち込んで仕舞う
  • 単なるため一気に泣き出してしまう
  • ヒトという会いに外出するのが億劫に見まがう

 

この実感は、多くの更年期の女性に共通するものです。程度のギャップこそあれ、このうつ状態は更年期障害の症状としてはメジャーなもののひとつです。更年期のマミーの多くが気持ちの急性浮き沈みを体験していることと思います。

 

更年期障害としてのうつときの起因

こういう更年期におけるうつときの原因は、他の更年期障害の症状と共に、体内のホルモン割合の乱雑にあります。閉経をするにあたって、マミーの全身ではエストロゲンなどに筆頭陥るマミーホルモンの分泌容量が急激に低下します。

 

このために体内のホルモン割合が乱れてしまい、自律心が賢く機能しなくなってしまうのです。その結果の内面への魅了として、うつ様態となってしまうというわけです。

 

また、こういうマミーホルモンの分泌容量の後退という直接的な起因に加えて、更年期の女性には多くの負担がかかります。

 

  • ウェディング、分娩などによる在宅背景の差異
  • 必須で責任ある素性になった場所によるプレッシャー

 

これらのニューエイジ負担が、ホルモン割合の乱雑で弱って掛かるメンタルにレポートする。その結果として、どうにもに抜け出せないうつときの沼に入って仕舞う女性も珍しくはありません。

 

更年期にうつ状態になり易いマミーの特質は

おんなじ更年期に年齢が差し掛かった女性であっても、その人の特質を通じてうつ状態にはハマり易いヒトというそうではないヒトにわかれます。正に、うつ状態になり易いヒトは以下のような特質のマミーだ。

 

  • きまじめ
  • 自分に折合いを許さない
  • 極致信条
  • 夢が厳しい
  • テキパキとやる

 

この人間のマミーのほうが、更年期のうつ状態に苦痛傾向であると指摘されています。仮に、あなたがセルフ探検で上記のような特質を有しているならば、うつときの連鎖に陥らないように防御をする必要があります。

 

更年期のうつ様態を予防するには

では、更年期障害において襲ってくるうつ状態は、どのようにして防御すれば良いのでしょうか。

 

まず第一に意識するべきことは、セロトニンというホルモンを手広く分泌させるようなお決まりを心掛けるということです。セロトニンが分泌されるといった、ヒトは満足を感じます。その結果として、うつ様態を跳ね返すことができます。

 

こういうセロトニンは、トリプトファンというアミノ酸の一種を摂取するため分泌されるホルモンだ。トリプトファンは、肉類、チーズ類、ナッツ類などに手広く含有されています。日々の食べ物にこれらの食材を盛り込んでいきましょう。

 

第二に意識するべきことは、当人に関して手厚くなるように心がけるということです。上記のような自分に大きいきまじめな特質の人のほうがうつ状態にはまってしまう。

 

なので、そのような動きを賢くはぐらかし、当人を甘やかせることが必要になります。行先アレンジを緩やかししたりすることによって心に余裕をもたせることが必要になります。

 

これらの2つの防御法を実践してみても、なんだかうつ様態から抜け出せない場合には、思い切って、専門医のもとへ駆けつけましょう。

 

うつ様態を理由にお医者さんのもとへ行くことをためらう方も多いですが、それは二度とやましいことではありません。

 

ママ科にいけば、更年期障害の原因を治療するホルモン保障療法を受けることができるし、心療内科などにいけば、適切な薬を処方してもらったり、察知用事療法といううつ状態に効果のある治療を受けることができます。

 

本当にとなったら、これらの専門医の力を借りることもバリエーションとして残しておきましょう。

 

更年期サプリTOPへ