肥える

肥える

更年期に肥満に悩む女性は多い

更年期障害の症状のひとつに肥満があります。簡単に言うと、人体に脂肪が蓄積され易くなり、太りやすい状態になって仕舞うということですね。

 

オジサン太りというせりふもあるように、多くの更年期の層の女性が肥満に悩まされてある。

 

  • 今までとおんなじ食べ物を通していたのに腹部がプヨプヨになってしまった
  • 一際過食を通していたわけではないのに体重が増えてしまった

 

このように、20代30代で美しい外見を維持していた女性であっても、更年期にさしかかると、あっという間に身体のBMIがのぼり、肥満体型になってしまうことがあります。

 

言うまでもないことですが、これは怠惰な生計が魅力なのではなく、更年期障害という病魔のひとつの症状なのです。

 

更年期に太りやすく患う原因は

ではなぜ更年期には太りやすく患うのでしょうか。その原因は、他の更年期障害の症状と根本的には同じです。

 

つまり、閉経を迎えるにあたってのレディースホルモンの分泌容積の減少だ。

 

ブーム閃耀やうつ症状、不眠症などのさまざまな更年期障害の症状の原因であるレディースホルモンの分泌容積の悪化ですが、「太りやすいマンネリになる」というのもまたこういうことが引き起こしているのです。

 

レディースホルモンの分泌容積が収まるって肥える?

では、体内のレディースホルモンの分泌容積が収まるという何故に太りやすく上るのでしょうか。その魅力を簡単に説明すると次のようになります。

 

レディースホルモンの代表的なものであるエストロゲンには人体に脂肪を積み増し辛くさせるという機能がある。

 

20代30代のエストロゲンを含むレディースホルモンが旺盛に分泌されていた瞬間には、こういうエストロゲンの機能のおかげで人体に脂肪がつきにくいマンネリを維持できていた。

 

ただし、閉経が近づくによってこういうエストロゲンの分泌容積が下がって仕舞う。このことに比例して、エストロゲンの肥満ダウンの厚意を受け辛いく患う。

 

その結果として、若い頃と同じ食べ物を通していても人体に脂肪がつき易く患う。

 

このように、エストロゲンが更年期に減ってしまうことによって、肥満に悩む女性が増えてしまう。

 

肥満はさらなる疾患につながる可能性がある

  • すでに人目を気にする年齢じゃないし肥満も更に喜ばしい
  • 今さらロマンスなどを始める気もないし、多少は太ってても素晴らしい
  • 周囲の同年代もぽちゃっとしてるし、自分もふとぐらい太っててもいい

 

もしも、更年期における肥満に対してこの認識をしているならば、それは要注意です。肥満というのは、ただ見た目が悪く変わるに関してだけの問題ではないのです。

 

更年期以降の肥満は、動脈効き目や糖尿疾患、心筋梗塞や脳卒中といったスゴイ病魔になる心配をグッと上乗せさせてしまう。

 

更年期以降の肥満への対策は

では、こういう更年期障害の症状においての肥満にはどのように対策を通していけば良いのでしょうか。第一に考えるべきことは、補給カロリーを禁断することだ。

 

上記のように、これまでとおんなじ容積だけ食べて掛かるだけなのに太ってしまうのが更年期だ。こういう対策としては、省略ですが、意識して採り入れる容積を減らしていくということが必要になります。

 

今日流行っている炭水化物をすべて節約みたいな極端な減食は人体への動揺が広いのでやめましょう。ただでさえ状態を崩し易い更年期に無茶な減食をするとさらなる体調の増長を招くことになります。

 

噛みしめるべきことは、20代30代の内のランチタイムよりも些か全体的に容積を燃やすことです。

 

おなか六分目、七分目といったイメージでしょうか。腹部満載摂ることはやめて、わずか物足りないかなぐらいのところでセーブすることが大事です。

 

最初はしんどいかもしれませんが、そのような食べ物に人体が慣れてくると、更に意識することが無くともスマートな体型を獲得くださるようになります。

 

更年期サプリTOPへ